おとちゃんノート

写真集で有名になった「インコのおとちゃん」の生活ブログです。

にちにちこれこうじつ

妻の知り合いである元ギャラリーのオーナーさんが写真の展覧会「I there / It was me」を開催されてると聞いて昨日箕面にあるMI.CA.LIギャラリーに行きました。

同じ大阪府で近いのですが箕面へ行くのは久しぶりで、なんとも旅行気分でありましたが、僕自身は少し気が重いところがあったのです。
作家の慧燕さんとは何度かお話もさせてもらっていたのですが、なにかと嫌われているんではないかという気分があったのです。話が噛み合ない感じがしていたのです。妻と話している慧燕さんはとてもしゃべりやすそうなのに、と。

少しギャラリー周りを探索しつつギャラリーにつきまして、すこしドキドキしてましたが、せっかくなんで楽しまなければもったいない。
ギャラリーに入りますと云い方は難しいのですが「肩の力がおりた」上品に飾られた慧燕さんの作品群が飛び込んできまして、ご本人も居られたので普通に挨拶。
そんな時「なんだか今日は話せそうだ…」そんな感じを受けたのです。

そんなこんなで意外にもいい感じで慧燕さんと話してましたら、慧燕さん自身から
「村東さんなんか変わったんではないか?」と話されたのです。
なんだか話し易いと。
「いやいや実はなんですけど僕もそう思ってたんです。失礼ながら慧燕さんは苦手でした」
思わず僕がダイエットしたからなのかとも思ったのですが、そうではないらしく、慧燕さんと会った時分の多分僕はフリーでカメラマンとして始めたばかりだったこともあり「負けてたまるか」的なバリアを張っていたのかも知れなく、慧燕さん自身はギャラリーオーナーとして僕と同じ様な感じがあったといいます。

時の流れで転がって行くことで、川の水流が石を丸くするように削がれて良い部分がやっと出てきたのではないかもしれない。
あるいは妻と結婚しおとちゃんが来て少し気分のぎすぎすも剥がれたのかも知れません。

なんだかはっきりはしないけど、すこしだけ自信が持てて昨日はとっても得をしたそんな日だったのであります。
それとホントにいいギャラリーで、僕もまたやりたくなりました(笑)


「カフェ サルンポワク」「ミカリ・ギャラリー」
http://www.geocities.jp/salunpowaku/index.html

慧燕さんのブログ『慧燕の視線』
http://huiyan.blog62.fc2.com/


ところでところで帰ったらさっそく、おとちゃんが待ってましたと飛び出してきました。買ってきた箕面名物「モンちゃんせんべい」に乗っけると怖がるどころか、攻撃でありました。

「おかげでひとりで留守番やってんぞ」って感じですね(ごめんね)
僕は妻とおとちゃんのおかげでいい方向になってるみたいだ。ありがとうね。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 鳥ブログへ

広告を非表示にする