おとちゃんノート

写真集で有名になった「インコのおとちゃん」の生活ブログです。

おとちゃんが来たときから

長い説明でもうしわけなく。。。

おとちゃんのことをもう少し教えたくて書いてます。

iTohenさんの個展書いた序文をここに載せてみます。




2007年1月下旬。

ペットショップから、わが家に小さな家族がやってきた。

コザクラインコの「おとちゃん」

最初は小鳥を飼うなんて予定はなく、犬、猫、フェレット、ハムスターなどを予定して、 飼い方などを参考にしようとネットサーフィンしていたのだが、小鳥のページに思いがけなく 愛らしいつぶらな瞳の小鳥を発見。

「かわい〜なぁ。この種類にしない。」と妻にいってみると、簡単に賛同してくれ、

なぜだかトントン拍子で物事が進む。

今までの経験から良い方向にいく時はスピードが速いものだ。

冬に迎えたので温度管理などいろんなことをしなくてはならない。ひなから飼うので特に餌やりも必要。 3時間に1度なので、夫婦でどこかで遠出する時間もなくなった。

毎日がなんだか「おとちゃん」ペースになる。意外なほど大変。

少し経つとおとちゃんもひとり餌になり、やんちゃ度も増し、こちらが何かをいうと鳴いたりと コミュニケーションをとれるのがわかってきた。呼ぶと掌に飛んできたりする。かなり賢い。

当然親が子供を撮るごとく、その記録としての写真を撮る自分がいた。

いろんな顔をするおとちゃんは被写体として申し分ない。もう可愛くて親バカ炸裂になる。

だのに、ペット写真展は沢山あるのに「小鳥」はないものだなぁ。

それならと自分がすることを決心する。

とりあえず写真展「おとちゃん」

その愛嬌があり表情豊かで美しく「いきもの」としての面白さを、

今回のiTohenでの写真展で堪能していただければ幸いである。



まだまだ、か弱く。そんな赤ちゃんでした。この後すこし調子が悪くなったりして病院にいったりで焦ったのですが今は「ワンパク」で困るくらいです。また子供の頃の写真も取り混ぜながら、書いていきます。

広告を非表示にする